間違いないマンション選び!購入で外せないポイントとは!?

モデルルームで何をみる?

マンションの広告は現状、集客ツールのようなものですから、じっくり情報を集めるとなると、やはり数多くのモデルルームに足を運んで、目で見て確認することが大事となるのでしょうか。モデルルームは代表的な間取りや販売上、みせておきたい間取りをつくっていますから、自分が検討している住戸との差を念頭においてみていくことが必要になります。近年の傾向としては地盤や地質に関する不安を解消するためにきちんと説明するようになっていますし、説明用パネルを積極的においていて、どんな地盤にどのような対策をしているのかをしっかりと聞いておくといいでしょう。

しっかりみよう!模型を

地盤についての情報を収集したら、モデルルームにある模型をじっくりみましょう。自分が検討している住戸がどの列のどの向きで、隣の建物との関係はどうなっているのかを確認するのです。例えば、冬もしっかりと日差しが入るかなど、こうしたことを見るときは図面よりも模型がわかりやすいですよ。また、高級マンションなら外観やエントランスを入った雰囲気というのは資産価値を維持するうえで重要な要素になります。これらは青田売りでは見られないので、模型とパネルでしっかりとみて、ホールの天井と壁と床の素材は何かというところまで確認しておきましょう。模型を小一時間眺めるだけでも十分ですよ。

与えられる情報はしっかりと受け止めて

販売センターなどで担当の営業マンと話をするところまでいったら、どんなことに注意しておくといいでしょうか。物件のメリットというのはだいたいどんな営業マンでもはなしてくれますから、デメリットのほうまで率直に答えてくれるかどうかという点がチェックポイントになります。また、自分の聞きたいことばかりが先走って、営業マンの話を聞かないのはもったいないことです。比較、検討する上では、自分がひとつひとつの性能について理解していないと正しく行えませんから、与えられる情報をしっかりと受け止めることも大事ですよ。買うという行為は思いつきで選択するものではなく、比較検討して事前に評価をして、意思決定をするというプロセスを踏むものになります。

新築マンションの資産価値を決める要素には主に立地条件や建物の耐久性、眺望の良い環境などが挙げられます。