賃貸というものについていろいろと考えてみれば

賃貸とレンタルは違うもの?

賃貸といえば、一般的には賃貸不動産のことを指して言っている、といった場合が多いでしょう。しかし、そもそも賃貸とは、賃料を取って貸し付けることですから、これは何も不動産に限ったものではありません。それこそ、レンタルDVDにレンタカー、レンタルパソコンなどなど、「レンタル」と呼ばれているものは、みな賃貸であるわけです。どうも、不動産の場合には賃貸と呼ばれて、それ以外の場合にはレンタルと呼ばれる、というようになっているようですね。

賃貸ビジネスは実に様々な分野に

「貸事務所」も最近では「レンタルオフィス」と呼ばれるようになって、不動産の世界でも賃貸からレンタルへ、といった傾向があるようです。とはいえ、賃貸マンション、賃貸住宅といった用語が、不動産の世界ではまだまだ一般的ですから、「賃貸といえば不動産」というイメージには、やはり根強いものがあると言えるでしょう。しかし賃貸ビジネスはもはや主産業の一つとなっていて、レンタルDVDにレンタカーはもちろんのこと、家具のレンタルから観葉植物のレンタル、とまことに様々です。服のレンタルである「貸衣装」などは、かなり歴史も古いですね。

レンタルとリースの違いとは?

このレンタルと似て非なるものに、「リース」というものがあります。このレンタルとリースの違いとは、レンタルは基本的に一回こっきりの貸し出しであるのに対して、リースの場合には、かなりの長期間にわたって貸し出すもの、となっているわけです。この意味では、不動産の賃貸というのは、「レンタル」よりもむしろ「リース」といった意味合いのもの、と言えそうなのですが。また、貸し出しではあっても、公立図書館の貸し出しのようなものは無料で利用できるので、こうしたものは賃貸には含まれないわけです。

札幌は北海道でも有数の大きな市です。札幌の賃貸マンションは、数多く存在するので、インターネットや不動産会社で探せばすぐに見つけることができます。