アパートとマンション、住むならどちらがいいか?

アパートとマンションの違いとは

アパートとマンションにはハッキリとした区別はありませんが、概ね、アパートは木造か軽鉄骨造で、マンションは鉄筋コンクリート造(RC)という区別がされています。そして「~コーポ」や「~ハイツ」などの名称がついている物件は、アパートのことを指す場合が多いと言われています。つまりアパートとマンションを区別するためのコツとしては、その名称ではなく、木造や鉄筋コンクリートといった「建物の構造」に注目するとよいと言えるでしょう。

アパートのメリットとは

アパートのメリットは、なんといっても賃料が安いことです。同じ築年数で同じ広さ、そして同じエリアのマンションと比べれると安くなる場合が多いと言えます。それは、もともと建物の建築費が安いということや、建築期間が短くて済むなどの理由によります。さらにアパートの場合は管理費も安くなる傾向があります。また最近では、かつての庶民的なイメージの物件だけでなく、「デザイナーズアパート」などと呼ばれるようなオシャレな物件も見られます。

マンションのメリットとは

マンションの大きなメリットとしては、やはり騒音に強いことが挙げられます。これは鉄筋コンクリートという建物の構造によるもので、木造や軽鉄骨造の場合は、部屋の隣や上下から音が聞こえることがあります。なのでどうしても騒音が気になる場合は、アパートよりもマンションを選んだほうがよいと言えるでしょう。またマンションは建物の構造が頑丈なため、地震や火事にも強いと言えます。とくに免震構造を採用したマンションなら、地震の揺れによる被害を最小限に抑えることも可能です。

すごいです!なんと、地下鉄最寄駅から5分以内なのに札幌の賃貸は1万円以下の物件がたくさん出てきます。